ホームページを開設しました 

写真家、映画作家の高橋慎一です。

僕はかれこれ20年ほど、プロの写真家として活動してきました。2015年にはキューバの音楽シーンを記録した映画『Cu-Bop(キューバップ)』で監督デビュー、現在は写真と映像の二足のわらじで創作活動を行なっています。

 

『Cu-Bop』はミニシアター系の映画としては異例のロングラン上映を記録したので、「あ〜、タイトルは聞いたことがあるなあ」なんて人もいるかと思います。この映画に関しては、撮影から上映まで、ありえないレベルの珍エピソードが満載なので、おいおいこのコラムに掲載していきます。

 

写真家としても映画作家としても、僕が追いかけるメインテーマは“音楽”です。中でもジャズやワールドミュージックといった、テレビやラジオではあまり掛からない音楽を、ディープに追いかけて記録する作業を続けています。

 

みなさん“ジャズ”や“ワールドミュージック”と聞いて、どのようなイメージを持っていますか?「難しそう」「聴くのに勉強が必要では?」なんて思ってませんか。

ジャズやワールドミュージックは、全然難しくありません。カッコ良くて、クールな音楽なんです。ただ、聴く前に少しだけ知識を持っていると、そのカッコ良さをより味わうことができるのは事実です。

 

僕は、自分が撮った写真や映画が、音楽のカッコ良さを伝えるきっかけになれば、と考えてます。

 

世界には、まだ知られていない素晴らしい音楽がある

いや、日本にだってまだまだ知られざる凄い音楽がある

 

そういった原石のような音楽の数々に、カメラを持って肉薄するのが僕の使命です。

このホームページでは、写真・映像・文章を駆使して、僕が見つけた魅力溢れる音楽の数々を、皆さんに伝えていきます。ご期待ください。