アクセル・トスカ来日決定です!

映画『Cu-Bop』の主演アーティスト、Axel Tosca(アクセル・トスカ)の来日公演が決定しました!

2015年の『Cu-Bop』初上映以来、映画を観てアクセルの圧倒的なピアノプレイに触れた皆さんから「彼を来日させてください!」と言われ続けていたのですが…遂に来日公演が実現します。

今回の公演は11月3日から5日まで開催される大型ジャズフェスティバル『モントルー・ジャズフェスティバル・ジャパン』のプログラムの一環で、アクセルは11月4日にサックス奏者・菊地成孔さんとの特別ユニット『菊地成孔 with アクセル・トスカ プロジェクト』で出演します。

 

『ペペ・トルメント・アスカラール』『DC/PRG』と意欲的な自身のユニットを手がけている菊地さんですが、今回のアクセルとのステージも、単なる顔見せ的なセツションではなく、きちんとコンセプトを練りこんだ充実の公演内容になります。

菊地さんはアクセルのお母さんでキューバを代表するシンガー、シオマラ・ラウガーともコラボ経験があり、ラテン音楽、アフロキューバンにも造詣が深いアーティスト。今回のアクセルとの共演も実り深いものとなるはずです。

 

今回のアクセル招聘までには、本当に多くの方のお力をお借りしました。『Cu-Bop世界上映版』の日本での配給を引き受けていただいた「株式会社ぴあ」、映画を観るやアクセルの音楽性の高さをきちんと評価してくれた『モントルー・ジャズフェスティバル・ジャパン』、そしてアクセルとの共演をぜひにと受けてくれた菊地成孔さん。三者の強い意思がシンクロしたことで、今回のような大きな舞台での来日が実現することとなりました。

 

来日公演まで、僕も全力で動きます。この公演に合わせて『Cu-Bop世界上映版』のお披露目上映も予定されています。そして、読み応えのある豪華パンフレットも作成予定です。

状況はこのhp、SNSで報告させていただきます。来日公演、映画のお披露目、両方ともご期待ください!